避妊・ピルでのお悩み

大阪心斎橋の早川クリニック TOP避妊・ピルでのお悩み > 緊急避妊ピル(アフターピル)

緊急避妊ピル(アフターピル)

緊急避妊ピル、性交後ピル、事後ピルなどとも呼ばれ、「避妊しないでのSEX」や「SEX中にコンドームが破けた」など妊娠の可能性のある場合に、緊急の手段として使われる緊急避妊法です。

緊急避妊薬は、性交後に避妊目的で服用するホルモン剤のことです。いわば避妊(妊娠を望まない場合)の最終手段になります。一般に「アフターピル」、「モーニングアフターピル」などとも呼ばれています。

心配な性交渉があれば、72時間(3日間)以内に緊急避妊用の薬(アフターピル)を服用すれば、避妊効果があります。

新世代のアフターピル(ノルレボ法)採用しました,従来のヤッペ法に比べ、1回の服用するだけで、避妊効果にすぐれ、副作用もかなり少なくなっております。常時在庫しておりますので、ご相談ください。

費用・・・10,500円~(診察代・避妊指導・薬代含む)

アフターピルの作用

アフターピルを服用すると、急激に黄体ホルモンの血中濃度が上がり、およそ2~3日で体外に排出されます。このようなホルモン状態が月経直前に似ているため、子宮内膜が剥離して月経に似た出血が起こります。子宮内膜が剥離すれば、受精卵(胚)は着床できず、妊娠は成立しません。

アフターピルの副作用は?

新しい緊急避妊薬であるノルレボ法が厚生労働省から認可承認され、従来の緊急避妊法(ヤッペ法)に比べ、効果に優れ、副作用もかなり少なくなりました。
詳しくは下の表をご覧ください。

飲み方 避妊効果
(妊娠阻止率)
副作用 厚労省の認可 費用
吐き気 嘔吐
新しい緊急避妊薬
(ノルレボ法など)
性交後72時間以内に
1回だけ服用
85% 9.2% 0% 承認 ¥10,500〜17,000
今までの緊急避妊薬
(ヤッペ法)
性交後72時間以内に
1回、その12時間後に
2回目を服用
57% 50.1% 14.8% 未承認 ¥8,500
ヤッペ法:57.0%,ノルレボ法:85.0%

妊娠阻止率

妊娠阻止率は、ヤッペ法 57%、ノルレボ法 85%(海外報告)と言われています。
当院では、避妊効果に優れ副作用も少ないノルレボ法による緊急避妊法をお勧めしています。

妊娠回避できたかどうかの判断

アフターピル内服後に出血があります。早い人は数日で出血しますし、遅い人は数週間後(21日以内)に出血します。この出血で妊娠回避の確認になります。
このため服用後出血が無ければ、場合により妊娠の有無を確認する必要があります。

新しい緊急避妊法(レボノルゲストレル法=ノルレボ錠など)とは?

ノルレボ錠とは、世界約50カ国で使用されている緊急避妊薬(アフターピル)です。
1999年にフランスで初めて承認され、世界保健機関(WHO)から緊急避妊目的の必須医薬品に指定されている薬です。
日本では、2011年に厚生労働省から認可がおりました。
ノルレボ錠は、従来の緊急避妊薬に比べ、避妊効果に優れてたアフターピルで、1回の服用で済むため、副作用もかなり軽減されています。

医療法人 聖和会 早川クリニック HAYAKAWA CLINIC | 大阪市中央区心斎橋、御堂筋線心斎橋駅すぐの産婦人科・内科・泌尿器科の早川クリニックです。 | 〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1丁目4-5 御堂筋ビル5F TEL.06-6245-2100
子宮内膜症の治療にご協力ください! 新しいお薬を試すチャンス! [詳しくはこちら]
インターネット予約受付中! 24時間受付! [PCからのご予約方法はこちら] [モバイルからのご予約方法はこちら] 初診の方は「予約なし」でお越しください。
HAYAKAWA CLINIC

婦人科・内科・泌尿器科 早川クリニック
〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋1丁目4-5
御堂筋ビル5F
TEL:06-6245-2100

※休診日:日・祝
※水曜日の午後は、早川潤副院長のみ
※木曜日の午前は、早川院長のみ

結婚や妊娠の前に・・・ブライダルチェック
ピルについて正しい理解を ピルNAVI